総量規制とは

総量規制対象外!
最近のカードローンでは目に付く言葉です。

 

そもそも総量規制とはいったい何であり、総量規制対象外になることにどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

多重債務が大きな社会問題となり、2010年6月、ついに改正貸金業法が完全施行となり、同時に総量規制が始まりました。

 

総量規制は多重債務防止を目的としたものであり、個人の借入金額を制限しているものです。
貸金業法の法律になるため、対象となるのは貸金業つまり消費者金融やクレジットカードです。
銀行カードローンや銀行融資などは対象にはなりません。

 

個人が貸金業者から借り入れる上限は年収の3分の1まで

 

これが総量規制の基本的なルールです。
基本的なルールを補足するためにいくつかのルールが決められています。

 

収入証明書類の提出

・1社からの借入金額が50万円を超える場合
・貸金業者全体からの借り入れ総額が100万円を超える場合

 

このときに収入証明書類の提出が必要になります。
消費者金融各社によって収入証明書類として認められている書類に若干の違いがありますので必ず確認しましょう。
また、借入金額には借り入れ希望金額も含まれます。
そのため借り入れ希望金額が50万円であれば、収入証明書類の提出が必要です。

 

総量規制の例外

消費者金融やクレジットカードからのキャッシングが総量規制の対象になります。
消費者金融からの借り入れでもいくつか総量規制の例外となり対象ではない借り入れもあります。
代表的なものではおまとめローンです。

 

年収として認められているもの

定期的な収入として法令に定められているものがあります。

・給与
・年金
・恩給
・定期的に受領する不動産の賃貸収入
・年間の事業所得

 

このように総量規制について調べてみると複雑に感じられるかもしれません。
しかし基本は簡単なことです。
「年収の3分の1までが借り入れ上限となる」
年収が300万円の方は100万円が貸金業者全体から借り入れができる上限になります。
逆に、消費者金融では極度額が最大500万円に設定されていることが多くなりますが、500万円を借り入れるためにはその3倍の1,500万円の収入が必要になります。

 

総量規制はデメリットではない

実は総量規制があることはデメリットではありません。
年収300万円で100万円の借金といえば返済ができる金額と考えられるでしょう。
ところが年収300万円も月収に換算すると25万円です。
毎日の生活があり毎月支出がある中で100万円の借金があると考えると返済が簡単な金額ではないことがわかります。

 

総量規制は借り入れ可能な最大額を設定していますが、その金額は少額ではありません。
妥当な金額であり、それ以上になると返済が困窮することは容易に想像がつくでしょう。
返済能力を超えた借り入れをしないためには、それには法律によって借入額、貸付額の設定ができる総量規制が欠かせません。

 

総量規制対象外のメリットはある?

総量規制の対象になるのかならないのか、実はそれほど大きな問題ではありません。
総量規制の対象ではなかったとしても返済能力と信用力を確認する審査が行われ、融資限度額が決定します。

 

年収の3分の1というのはひとつの目安であり、総量規制対象外だったとしてもそれを大きく逸脱するような融資は行われることはありません。

 

問題は総量規制の対象になるかならないかではなく、消費者金融と銀行カードローンの違いです。

 

消費者金融は貸金業であり総量規制の対象になります。
銀行カードローンは貸金業ではなく銀行法があり、総量規制の対象ではありません。

 

そこで総量規制の対象にならないことがさもお得なように伝えられることがありますが、そもそもは総量規制が問題になるのではなく、消費者金融なのか銀行カードローンなのかという問題です。

 

消費者金融の特徴(少額キャッシング向けローン)

メリット デメリット
・即日融資も可能

・会員サービスから行える項目が充実
・借り入れや返済方法が充実

・金利が高い

 

銀行カードローンの特徴(大口融資にも対応できるローン)

メリット デメリット
・金利が若干低い

・融資限度額に応じて金利が決められている

・即日融資は難しい

・銀行口座の開設が必要になる場合がある
・返済方法が口座引き落としのみの場合が多い

 

年収の3分の1以上を借り入れるのであれば、何か特別な事情があるのでしょう。
そのときには銀行カードローンやフリーローンなどの選択肢を考える必要があります。
しかしキャッシングとして考えるのであれば総量規制の対象になっているのか、なっていないのか、それは大きな問題ではありません。