返済シミュレーションでカードローンの計画を

カードローンの審査に通ると、キャッシングが利用できます。
お金を借りる以上は契約ルール通りに返済する必要があり、返済遅れや払えなくなることのないように、事前計画を立ててからカードローンの利用をすると良いでしょう。

 

支払いが遅れると遅延損害金が発生しますが、単純に余分なお金を取られるだけの問題ではなく、信用情報に傷がつくリスクが発生します。
信用情報に傷がつくと、将来的に好条件でローンを組む事が難しくなる、さらには審査に通ることもなくなる可能性が高くなります。
カードローンで借り入れをしたら確実に完済させなくてはなりません。

 

返済シミュレーションを利用する

カードローンの公式ホームページには返済シミュレーションが用意されています。

 

・毎月の返済額から、返済回数をシミュレーション
・返済回数から、毎月の返済額をシミュレーション

 

この2つのシミュレーションを利用することができます。

 

返済シミュレーションを利用することで、完済までに必要になる回数や利息負担総額を計算します。
具体的にシミュレーションをする事で、完済までに必要な要素を整理する事が出来ます。

 

カードローンの利用前でも利用中でも、自由に活用できるオンラインサービスです。
もちろん無料となっていますので何度でも試してみましょう。

 

返済の計画は状況が変わる都度、練り直すことも必要です。
収入が増えたとき、逆に減ったとき、臨時収入が入ったとき、もしくは突然の出費があったとき。
いつでも同じ収入と支出で生活ができるわけではありません。
柔軟に対応をすることもまた、返済のコツになるでしょう。

 

無理な計画を立てる危険性

キャッシングは計画的に、今ではカードローン共通の呼びかけになっています。
無理なキャッシングをすると返済に困窮し、結果としてはカードローン側も大きなリスクを負うことになるため、収入と支出のバランスを考えたキャッシングを望んでいるのは、私たち利用者ばかりではなくカードローン側にとっても同じことです。

 

それでは無理な計画とはどのようなものでしょうか?

 

毎月の収入はすべてを返済額に回せるものではありません。
私たちは毎日生活を営んでいます。
生活のための費用が先になるものであり、返済は余裕がある範囲で行わなくてはなりません。
生活を考えない計画には無理があります。

 

しかし、負担がないことが万全の策というわけでもありません。
返済額が少なければそれだけ返済回数は多くなり、支払う利息も多くなります。
適切な返済額を見つけること、それが簡単なようでいて難しいものです。

 

何度も返済シミュレーションを使って最適な計画を立てていきましょう。

 

計画が必要になるのは借り入れも同じ

計画的にしなくてはならないのは、返済ばかりではありません。
借入もまた計画を立てていく必要があります。

 

毎月いくらを返済するのか、それをいくらシミュレーションしたとしても借入残高が増えてしまえば返済回数は伸びる一方です。
最低限の借り入れにとどめること、それは守らなくてはなりません。

 

借り入れのルールを決めるとよいでしょう。

 

借入残高を5万円以上にしない
借入残高があるうちには新しい借り入れはしない

 

単純なルールではあるものの、効果は期待できます。

 

カードローン審査ランキングへ