借り換えカードローンの審査について

「おまとめ」と「借り換え」は違います。
おまとめとは、複数ある借金を1社にまとめること。

 

借り換えカードローンの審査について

 

借り換えとは、今のカードローンを別のカードローンに変えること。

 

借り換えカードローンの審査について

 

それでは借り換えは何のために行うのでしょうか?

 

満足できないカードローン

消費者金融や銀行カードローンなどキャッシング先は数多くあります。
その中で現在利用しているカードローンを選んだ理由は何だったでしょうか。

 

初めてのキャッシングではよくあることです。
どのようなカードローンを選べばよいのか、その判断基準が定かではなく手近にあったもの、もしくは評判だけを参考にして選んでしまうということもあるでしょう。

 

現状利用しているカードローンに不満がある、というよりは現状以上の便利なカードローンを見つけることがあります。

 

それは実際の取引をしたから、ではないでしょうか。

 

借り入れや返済を実際に行ってみると、思っていたことと違うと感じることはあります。
誰かにとって便利なことが自分にとっても便利とは限らないものです。

 

例えばこのようなことがあります。

 

実際の感想

 

表面だけを見てしまっては実際の使い勝手が異なることは少なくありません。
現状以上に便利なカードローンはあるかもしれないということです。

 

借り換えはどこでもできる?

おまとめローンのように大きな金額を扱うものではなく、借り換えとはいわばE社からF社に借り入れを移動するだけのことです。
そのためそれほど難しいものではありません。

 

ただし、「あと何回かで完済する」「大きな不便ではない」など借り換えをするまでもない状況であることも考えられます。

 

借り換えを検討する際のポイントとしていくつか抑えておきましょう!

 

・金利が大きく変わる
・返済方法が便利になる

 

これが借り換えのポイントです。

 

現在の金利はいくらと設定されているでしょうか?
もし18.0%〜20.0%なら消費者金融の中では最も高い金利です。
正当な金利ではあるものの、利息制限法ギリギリの金利が設定されています。
通常、確実な返済を半年程度続けることで金利は低く下げられていきます。

 

おまとめローンを利用するためには消費者金融ならおまとめ専用ローン、もしくは銀行カードローンを利用することとなりますが、借り換えはそうではありません。
通常のキャッシングとして借入先を変えるだけとなるため、消費者金融でも銀行カードローンでも可能です。

 

借り換えをするなら返済シミュレーションを利用する

現状以上にどれほどの違いが出てくるのか、返済シミュレーションを事前に活用しましょう。
現在の借入金額、金利、返済額を入力して算出された計画と、希望する借入先の金利、返済額を入力したときでは違いがどのくらいになるのかを確認することができます。

 

少し状況が好転しそうだ。
安易な考えではまたそれ以上のカードローンが見つかるということになりかねません。
今のカードローンと、そのほかのカードローン、慎重に比較をしましょう。

 

おすすめはオリックス銀行カードローンです。