実際にCIC窓口で情報開示をしました!

CIC(株式会社シー・アイ・シー)とは貸金業法に基づく指定信用情報機関です。
信用情報を確認するためには5つの方法があります。

・パソコン
・スマートフォン
・携帯電話
・郵送
・窓口

 

CIC窓口での情報開示の流れ

実際にCIC窓口で信用情報を照会しました。
窓口は全国に7件があります。

 

首都圏開示相談室 〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
北海道開示相談室 〒060-0003 札幌市中央区北3条西3-1-6 札幌小暮ビル8階
東北開示相談室 〒980-0021 仙台市青葉区中央4-2-16 仙台中央第一生命ビルディング7階
中部開示相談室 〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-20-25 丸の内STビル8階
近畿開示相談室 〒530-0001 大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ 5階
中四国開示相談室 〒700-0907 岡山市北区下石井一丁目1番3号 日本生命岡山第二ビル 新館4階
九州開示相談室 〒810-0001 福岡市中央区天神1-2-12 天神122ビル7階)

 

CIC窓口の入り口

 

入り口はこのようになっています。
重い扉に感じられますが実際に中に入ってみるとわずかに8畳ほどのスペースです。

 

CIC窓口の受付

 

中には受付があり簡素なイメージがありますが、この窓口の場合には女性の担当者が案内をしています。

 

タッチパネル操作

 

タッチパネル操作の機械で操作するように案内されます。

 

CICの信用情報開示方法と見方のポイント

 

名前、電話番号、郵便番号等入力する項目があります。
タッチパネルの操作が終わると受付番号が発行されます。

 

CICの信用情報開示方法と見方のポイント

 

手数料500円の支払いを自動販売機で行い、窓口に渡します。

 

CICの信用情報開示方法と見方のポイント

 

受付番号に手数料紙が貼られ照会が終わるのを待ちます。
※照会には2〜3分程度がかかります。

 

照会が終わると「信用情報開示報告書」とその「見方」が手渡しされます。

 

 

実際にCIC窓口で情報開示をした感想

 

通常手数料は1,000円となっているところ、500円ですむという割安感はあるものの、対面のストレス、足を運ぶという労力があります。
しかし信用情報開示報告書が即座に発行されるため急ぎの場合には有効に活用できるでしょう。


 

CICにスマートフォンから情報開示請求をする流れ

パソコン、スマートフォン、携帯電話からも情報開示請求を行うことができます。
ここではスマートフォンを例にしてみましょう。

 

  1. お使いのスマートフォンでPDFファイルが閲覧できることを確認
  2. クレジット契約をしている電話番号からCICに電話
  3. クレジットカードを使って手数料を支払い
  4. 受付番号を入力
  5. パスワードを入力して開示報告書を表示、確認

 

その場で確認できるというメリットがあり、なおかつサービス時間も年末年始を問わず8時〜21時までとなっています。
利用手数料は1,000円ではあるものの手間が少ないという大きな利点があります。

 

CIC信用情報開示報告書の見方

窓口で渡された信用情報開示報告書は、「スマートフォン、インターネット、携帯電話」で確認することもできます。
また郵送で開示請求を行ったときにも同封されてくる書類です。

 

信用情報開示報告書の見方

 

最も気をつけて見なければならないのはCと表示されている「異動」です。
長期返済の遅れなどがあるとここには異動と常時されますがこれこそがいわゆる「ブラック」の証拠です。
3つの個人信用情報機関で共有される情報となり、審査に通ることはありません。

 

異動

 

また「入金状況」についてはあまり知られていないことでしょう。
ランク分けされ、アルファベットが表示されています。
返済が大幅に遅れた場合にのみ異動として情報が登録されていますが、実はこのように細かに24ヶ月前までさかのぼって返済状況が表示されています。

 

入金状況

 

$もしくは−、空欄になっていれば問題はありません。
確実に返済をしたか、利用をしていないという状況です。
Rもまた「返済ができた」ということになります。

 

しかし、A、B、Cであれば「返済をしていない」ことが一目でわかります。
個人信用情報機関は信用力を調査するために審査で使われています。
約束の返済日までに返済ができなかったという状況が繰り返されているのかどうか、それが一目瞭然です。

 

クレジットカード情報だけではない

CICの信用情報開示報告書には、クレジットカードの情報以外にも情報が保有されていました。

 

・車購入時のローン情報
・携帯電話の端末分割支払い情報

 

消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングだけを返済していれば良いということではありません。
分割で支払いをするもの等、細かな情報も保有されています。

 

実際に照会してみました!

 

今すぐにカードローン審査ガイド TOPへ戻る